よくあるご質問

どうして外壁塗装工事が必要なんですか?
 美観を保つことに関しては、どなたも御存じかと思います。しかし、最も重要なのは建物自体を保護するということです。金属・モルタル・コンクリート・サイディングボード、どれも塗装が劣化した状態で放置しておけば、本体そのものが劣化してしまいます。塗装は大切なお客様の財産を守る重要な役割があります。 また、塗料には断熱・遮熱・光触媒等の機能を持つものもあります。状況や予算に応じて塗料を選定する事が重要なポイントです。

建物の塗り替えのタイミングとは?
 塗替え対象(外壁など)の塗膜を触り、手に白い粉が付いたら塗替えのサインです。チョーキングと言います。又、シーリング(外装材の継目、窓廻り等)にヒビが入っていたり膨れていた場合も撤去して、打ち替えた後に塗り替える必要があります。

塗装の工期はどの程度かかりますか?
 50坪程度の住宅で、足場仮設からシーリング・外壁・屋根・雨樋などの塗装を行い足場解体までおよそ2週間程度です。(家の形状及び天候、周辺の状況により若干増減があります。)

ご近所への配慮はしていただくことは可能ですか?
 着手日の1週間前には隣接するお宅をはじめ、住宅集合地では工事関係車両がご迷惑をおかけするすべてのお宅に、ご挨拶に伺います。

工事期間中は在宅していないとダメですか?
 工事を進めるにあたり基本的には不在でも問題はありません。お出かけの際は防犯上、必ず全ての箇所の施錠を確認してください。

費用はどのくらいかかるものですか?
 50坪程度の住宅でケースで60~80万円です。ただし、一概にいくらとは申し上げられません。建物の大きさ・日当り・形状・劣化具合、一つとして同じ条件の建物はありません。また劣化状況により塗装が不可能な場合もあります。

色の選択は自由ですか?
 色の選択は自由です。建物の写真をPCに取り込み、ご希望の配色をカラーシュミレーションソフトによりご提案し、お客さまと一緒に最適な色を考えます。

業者によっての金額の差が大きく違うのはどうしてですか?
 塗料・施工方法の違いはもとより、下請け業者を使うことを前提とした場合、営業マンが施工金額の2・3割上乗せする会社もあります。又、相談なく見積りと違う工程・材料で施工する場合もあるようです。

においが心配です。
 シンナー臭が心配なお客さまに対しては、水性塗料での施工をお勧めします。ただし、塗装対象物によってはシンナーを有する塗料以外、塗装できない場合もあります。施工についてはお客様と相談しながら進めます。

対応エリアを教えてください。
 富士市を中心として県内全域で工事をしています。山梨県、神奈川県での実績も多数あります。
ページの先頭へ戻る